二世帯住宅建てちゃったフルタイムで働くママな日記

二児のワーママ育休中、二世帯住宅、無添加、自然、日々をつづります。

家族は犠牲になっているのか?

数日前に夫は言った。

次は俺が娘の弁当作ろうか?と。前日に作ってたらいいんちゃうか?とも。

実際は、私が帰宅すると子供と共に就寝され、弁当準備の形跡はなかった。おい!って思った。そのまま何もせずに寝ようかと思ったけど、準備して寝たよ。

朝起きて弁当の準備した。夫はいつも通り子どもと共に起きてきた。おい!

弁当の詰め込みを依頼して私は出勤。

あー。今日弁当かー。やって。おい!

 

そりゃ、私だって弁当忘れる日あるわ。次回は絶対作れよ!って思う。

 

同僚がとても頑張っている。課題解決、新たな取組みの提案のために、たたき台を共に作っては壊されてる。週末や夜にも電話したり、話し合ったり。こんだけやってるんやけど、私たちのためにと言って、事細かく修正されている。そこまでするなら、最初から一言一句言うて欲しいと思う。

やるせない気持ちと少しずつ形になってることで、向かっ腹とやるぞーって気持ちが両方だ。

そこで同僚が言ったこと。

こんなに家族を犠牲にしている、ほんま我が家もやばいんやけど、ここでやらなかったら後悔するからやってる。って。このエネルギーは素晴らしい。

私は父母と同居してるし、大変にサポートしていただいている。私は家族を犠牲にしているのだろうか。と疑問が湧いた。たしかに、子供達と過ごす時間は減った。昨日はもう寝てたもんね。だけど、私、ここで無理や。家族犠牲やって言うてたら、これ以上の変化無理やん。次があるからなのか。家族を犠牲にしてるってことに疑問になっているのだろうか。

いや、やっぱりそこは犠牲ってのが家族ではなくて自分が我慢してるとこにあるのかもしれない。人のことは分からんが。そこまでやらなあかんのか?って夫にも言われたが、やらなあかんってより、やりたいからやってる。また、犠牲よりも家族に役割が増えて良いのじゃないかとも思う。母の負担にはなってるかもしれへんが、夫はそのレベルまではやって欲しいと思う。待てよ。これだと、私が余裕ない時だけ夫がやるってなってる。そこが夫が家事育児に参加しなくても良いと言う思考になるのだろうか。私は、そこまで自分が極限にならないと夫に任せられないのだろうか。私がやっちゃうから。。。

モヤモヤをまだ言語化できへんが、私、母がニコニコなのが良し。眠くて体もだるいが、今日も朝起きて仕事に行けてる。もっと睡眠が欲しい。そこ大事にしたいな。うむむ。今日は早く寝たい。

さぁ。今日はどんな1日になるかなぁ。

あぁ。今日も幸せ。いつも幸せ。

グラデーションの仕事と趣味

休みの日も夜も朝も仕事のことを考えている。それが仕事なのか趣味なのかも分からない。友人や同僚とタッグを組んで、なんとかこの構想を実現させたいと思う。

 

夜な夜なLINE繋いで考えた文書、あーだこーだと考えた構想。色々とサンドバッグにされた。

あなたたちのためにと言うが。それなら、これをこうしたらいいと最初から教えてくれよ。と思う。

私たちは忙しいから、こんなにこの構想に時間はかけられない。というか、いろんな意見があるからこそ、揉んでほしいとも思う。私たちが揉んでほしいところは、ここじゃないんよ。

内容よ。書き方とかは教えてほしい。

私たちも2人子どもがいる母です。

周りの子育て中の職員を気にされているが、私たちも親なんやけどね。そこはどうなのよ。出る杭は打たれてるのか、それとも応援なのか。

これ、1人でやってたらだいぶ前に挫けてる。

仲間とやるから、できてる。

ただ、少しずつ理解はされてるし、即却下じゃなくて、どうやったら、揉め事なくできるかってことを考えてくれてるのだろう。

ただ、トップダウンで私たちがやりたいことをやれー!っていう構想じゃなくてみんなでやりましたって過程がほしいから、ちゃんと、私たちのやりたいことの通りにできてるってことかしら。

 

あぁ。今日は寝れるのでしょうか!ファイト!わたしー!

 

ああ。今日も幸せ。いつも幸せ。

 

なりたい自分。なりたい職業。

なりたい自分に全ての人がなれるのなら、大変なことになる。人気の職業としてのサッカー選手に全員なれたら大変な世界だ。

 

夫と夜、まったりと話した時の言葉。

 

うーん。そうかなぁ。

と思ったけど、うまく言葉にできなかったので、考えてみる。

 

夢を持つのは良いことだと思う。

憧れや理想の自分になろうとすること、それに向かって努力すること、経験し、失敗し、成功したり、あきらめてみたり、違う方面からアプローチしてみたり。

これは自分には向いてないかも。ってやってみて気づくこともあるんだと思う。

例えばサッカー選手は技術や体力、怪我しない健康的な体、負けてもへこたれない心、心と体の持久力、あとは経済的な問題とかもあるのかなぁ。今日、明日食べるものがなかつたら、サッカーしてられないかもしれない。

そもそも、サッカー選手が人気となっているが、それは幼児や小学生の話。途中で夢がかわるやん。それもこれは自分には合わないな。と感じるからじゃないのかな。

全ての人がこの体験をしていく中で、自分にとっての合う合わないを確認しているんだと思う。

だから、なりたいと思っても、全員がなれるわけではないし、なるわけでもない。

 

私がなりたい自分になれる社会がいいと言ったのは、職業的なことも含まれるのかもしれないけれど、自分がこの服着たい、この人と仲良くなりたい、これ好きなんよ。を表現できる社会ということ。

 

今、性の多様性について広い視点で捉えられるようになってきたけど、まだまだ社会の受け入れは狭いと感じる。なぜなら、身体が女性で違和感があってパンツスタイルの制服をきている生徒も試験や就職活動ではスカートを履いていくと聞いた。これでは、社会の受け入れ態勢は整っていないと思う。

 

私がなりたい自分になれる社会にしたいというのは、他者の視線や社会の見えない圧力なく、お互いの個性を認め合える社会なのだ。だから、サッカー選手になりたいという人が全員サッカー選手になれるというのとは少し意味が違うんだよなぁ。

もっと自分らしさとか、振る舞いとか、私たちの根本のところなんです。

まだまだ言語化が足りないかなぁ。

 

今日は子どもと夫は義実家の法事へ。私は仕事の打ち合わせ。ありがたやー。

 

あぁ。今日も幸せ。いつも幸せ。

アトピー。脱ステ。1年経った。

久しぶりに子どものアトピーを診てもらっている小児科へ。

脱ステして一年。半年ほどは調子良かったけど、春になり子どもたちのアトピーが悪化した。季節のせいにしていたけど、どうなんでしょうか。

 

主治医は、季節のせいではなく、子供たちとの関わりがアトピー中心になってるからだと言われる。

かゆみの対処をする→アトピーのお世話をする→そこで子どもが満たされる→子どもはもっとかゆいという

このループに入っている模様。

ううう。

もっとかゆみやアトピーのお世話ではなく、遊んだり、違うお世話をして子供との関わりを増やそうと思う。

たしかに、ここ数ヶ月、子どもたちと過ごす時間が減って、寝る時一緒に過ごしたりしてる。これ、楽なんだよね。寝よーってなって一緒に布団に行ったら、お世話した気になれるから。寝る時間まで過ごせてないから、寝る時に一緒にいようってなる。

深夜に子供が起きてきて、布団に入ってきたら、可愛いし、めんどくさいからそのまま寝ている。そこらへんなのかしら。寝る前のお世話、寝かしつけじゃなくて、それまでのお世話や関わりで子どもたちとつながる。

 

主治医から2歳児の娘と5歳児の息子に1人ずつ、子供達だけで寝る。という約束をさせられた。娘はなかなか主治医に顔を向けず。この子分かってるね。と言われる。うん。と言うまで主治医は約束を辞めなかった。そして、ゆびきりげんまんしてから、本物の針を看護師に持ってこさせた。なんちゅう、やり方や!って思う。

だけど、私1人ではできなくなって、流されてたからこの流れに乗ろうと思う。

 

周りのせいにしてたけど、結局私の心が揺れていて、それを子供たちが感じて、上手いこと親との関わりを増やすために利用している。彼らはかしこい。そう思うと、私はもっと子どもたちが完全に病気ではない所で関わりを続けたいと思う。

 

病気のお世話をしてたら楽だ。だけど、それでは親子共々病気に甘えた親子関係になるのだ。

もっとそこじゃないところへ。楽しい所でこどもたちとつながりたい。

 

主治医は私に最も近い椅子に座らせた。結局、私が心に決めて、変わりなさい!覚悟決めなさい!って言われてる気がした。

 

ぷー。ぱーぴー。

うぉー。

 

私は子どもたちと、かいかいじゃないところでつながりたいです。遊んで笑ってご飯食べて、寝て起きて。健康に過ごしたい。

 

かいてもいいよ。

爪は切ろう。

風呂入らなくても良いよ。

週1回シャワーをしよう。

泣いても良いよ。

何食べても良いよ。

目覚めたら抱っこしよう。

一輪車しなくてもいいよ。

できることをやろう。

今、できるように工夫をしよう。

甘えん坊の子供たちも大好きだよ。

だけど、かいかいは治してあげたいんだ。

このループをここで止める。

 

大丈夫。できる。できるから。

 

あぁ。今日も幸せ。いつも幸せ。

ドラム式洗濯機2日目。

昨日は父のこたつ布団を洗濯乾燥をセットしてから予備校へ。

子どもと夫は義実家は行き、私は自分のことだけを考えて勉強ができる。なんて幸せな時間なんだろうと思う。

サラリと参考書を見ることで、ふぇーってなって。そーよなーってなる。その時はそれで終わるのだが、問題を解いたり、先生に聞かれると、わからん!ってなる。つまり頭に入ってないってこと。おい!その勉強の仕方問題ありですよ、私!

サラリと読んでも仕方ないので、過去問解きながら、わからないところをどんどん単語帳にしていくことにした。これで、どや!わからん単語はどんどん束になっていくでー。

 

父母と私の3人で夕食。

予備校はどうなんや?あと数ヶ月で試験やなぁ。と言われる。

一年なんてあっという間。ドラム式洗濯機も届いて、家事を機械に任せて楽を感じる。ほんまに、私時間増えてる!干す作業ってこんなに時間かかってたんやなぁ。イライラの元やったんやなぁと、手放してみて思う。

せっかく勉強させてもらえる環境になってるのだから、益々知恵を蓄えよう。

 

ドラム式洗濯機の洗濯後の乾燥。

大物を取り出して干す方が楽。

小物を取り出すのがめんどくさい。

だけど、乾いてからでも、小物を取り出すのはめんどくさい。

乾燥後のタオルはフカフカに乾いていた。

タオルは乾燥機の方が出来が良さそう。だったら、小物はネットに入れて洗濯した方が取り出しやすそう。

小物とは、靴下マスク、下着、など。

子供の服も小さいから小物だけど、どこまでの範囲にするか。

しかし、これだけ取り除くのでは、十分な乾燥にならないかなぁ。うーむ。悩む2日目。

 

あぁ。今日も幸せ。いつも幸せ。

我が家にドラム式洗濯機がやってきた

昨日、我が家にドラム式洗濯機がやってきました。

 

食洗機、ルンバからのドラム式洗濯機

 

共働き夫婦にはありがたい家電が次々と導入されている我が家です。

 

今までの働き方やったら、縦型洗濯機で良かったのかもしれない。だけど、子どもとの時間も欲しい。自分の時間も欲しい。干す場所足りない。色々な理由を考えると、ずいぶんコストはかかりますが、やっぱり導入となりました。

 

初めて使ってみると、敷布団シーツを一度に3枚洗濯乾燥したら、生乾きでした。どよーん。

多かったんやろね。

だから、少しでも大きいやつを希望したのに、最大よりも1キロ小さいサイズを夫が購入したのです。そもそも、夫に購入を任せた私の間違いもある。

 

洗濯乾燥を連続するのではなく、洗濯して大型のものを取り除いて乾燥にかかる。ってのが私のイメージでした。だって洗濯できる量より乾燥できる量が少ないから。

夫にその話を昨日したら、「それやったら、俺はドラム式洗濯機反対やった。全部できるからドラム式が良いけど、途中で出さないとあかんのやったら、一緒やん。」やって。いやいやー。アホか。って思ったけど、そこは口に出さず。それやったら、一番大きいサイズ買ってこいよ!って思うけど、それも言わず。

試しに、夜洗濯回して、ネットに入れてたやつだけ出して、乾燥ナイトモードへ。

朝起きたらまだ回ってて終わったら乾いてた。

 

洗濯してから、出して畳んで干して。の作業なく、

洗濯してから、ネットの分だけだして、スイッチオンで乾燥。

これはとても家事軽減されてます!すげーぞ。ドラム式!

おいおいは、母の洗濯機も小型のドラム式にするのが良いと思いました。体力落ちるし、介護も増えるかもしれんもんね。

 

まだまだ洗剤の量やらいろいろ不安の面はありますが、上手いこと仲良くやろうと思います。ね、ドラム式ちゃん!

 

あぁ。今日も幸せ。いつも幸せ。

共働き夫婦が両親と暮らすこと

私と夫は外で働いていて、私の両親とは共に暮らし、子供たち二人は私の両親の支えのもと、育っています。

私たち夫婦は、母が作った野菜と調理したご飯を食べて、私たち夫婦が建てた家に住む。

核家族ではない家庭で過ごせることに感謝しています。

お互いに重なり合いながら、生活できている。そして、それがゆとりにもつながっていると思うから。

 

このような生活ができているのは、夫が私の両親と住んでも良いと言ってくれたからで、両親が土地を使っても良いと言ってくれたからで、私がここに住みたいと言ったからで。

 

共働き夫婦が子育てするってとても大変。

仕事家事育児。家を保つためにもやることあるし、やりたいこともあるし、やらなければならないこともある。

私は両親と同居していて、煩わしいこともある。父母の嫌ごとをきいたり、夫婦喧嘩が聞こえてきたり、父母の加齢を間近で感じたり。

だけど、一緒に住んで良かったなぁ。と思う。一緒に住んで三年たった。早いなぁ。建てて良かったなぁと思う。

 

あぁ。今日も幸せ。いつも幸せ。